沖縄ダイビングなら青の洞窟で決まり

夏といえば海ですが海といえばやはり沖縄だと思います。

沖縄の海で遊ぶ場合たくさんのマリンスポーツがありますがおすすめしたいのがダイビングです。

ダイビングの醍醐味は海中の綺麗なサンゴや魚達を間近で見られることで、沖縄の透き通った海との相性はバツグンです。

ダイビングスポットはいくつもありますが特にオススメしたい場所は青の洞窟です。

青の洞窟はダイビング経験者なら知らない人がいないであろうと言うほど有名なダイビングスポットです。

場所は恩納村の真栄田岬にあり、アクセスは那覇空港などがある那覇市から約1時間、沖縄自動車道石川インターチェンジから車で20分程度です。

青の洞窟は海水の浸食によってできた全長約30~40m程の天然の洞窟です。

海とつながっているため泳いでいくことができ、洞窟内では太陽の光が反射しライトアップされたように辺りを青く染め上げます。

この青く光ることが名前の由来であり、人気がある理由であります。

さらに青の洞窟周辺の魚達は人間を避けないため、間近で触れ合うことができることも人気がある理由の1つです。

人気スポットなためエントリー場所までの階段やシャワー設備などがしっかり整備されているため気軽に行くことができると思います。

青の洞窟は沖縄のダイビングスポットの中でも1、2を争うほどの人気があります。

体験ダイビングやシュノーケリングをする場合に絶対に行くべきおすすめのスポットです。